GDTフォーミュラ 仕事でコピーの添削ができる9つのポイントとは

どうも お金・刺激に満ちた幸せな生活『kj』です。

今回はコピーライティングの基礎の1つである

GDT FORMULA(GDTフォーミュラ)を動画でお教えします。

顧客が持つ欲を9個に類型化したのがGDT FORMULAです。

GDTフォーミュラ 動画講義

 

顧客が持つ欲を9個に類型化したのがGDT FORMULAです。

 

その9個の欲を刺激するコピーを書くと

読者から非常に高い反応が取れるコピーライティングの法則です。

 

GDTは3つの英単語の頭文字を取った造語なので、

まずは3つの英単語を紹介します。

 

The Three Greatest Human Goals   (3大目標) 

The Three Greatest Human Desires(3大願望)

The Three Greatest Human Teasers(3大本性)

 

3×3=9個の要素から成り立つのがGDT FORMULAとなります。

 

 

GoalsとDesiresとTeasersの頭文字を取ってGDTとなります。

 

では1つずつ見ていきましょう。

 

 

1、Goals(目標)

 

ニーズに応える

・Time   (時間)・・・時間をかけたくない

・Money(お金)・・・お金がほしい

・Effort  (努力)・・・努力したくない

 

 

2、Desires(願望)

 

動機に応える

・Greed   (貪欲)・・・富・名声・名誉が欲しい

・Lust     (好色)・・・美しくなりたい・モテたい

・Comfort(快適)・・・苦痛から逃れたい

 

 

3、Teasers(本性・じらし)

 

本性に応える

・Curiousty    (興味)・・・それ知りたい

・Controversy(物議)・・・そんな馬鹿な

・Scarcity    (希少)・・・囲い込みたい

 

この合計9個の欲を刺激するコピーを書くと非常に高い反応を得ることできます。

 

もちろん、9個全部入れなくて良いのですが、

 

できる限り入れる努力はしてみてください。

 

 

最後にGDTの極弱についてもお教えしておきます。

 

G・・・弱

D・・・中

T・・・強

 

GDTの中でGが弱くTが強いのでTに近づくに連れて反応が取れやすくなります。

 

今回の動画では自分でコピーの添削をする際に必要な知識が満載なので

メモでも取りながらご覧いただくのがオススメです。

 

 

今回も最後まで

ご覧いただいてありがとうございました。

 

 

コメントを残す