せどりとは?副業から起業へ 会社員が副収入月収10万円を達成するコラム

どうも、kjです。

今回はせどりについて解説します。

『仕入先、発送作業の効率化が収入アップの鍵』

もともとは、古本を安く仕入れ、高く売ることを

「せどり」と呼んでいました。しかし、最近では

古本に限らず、CD, DVD、家電、おもちゃ、

ゲーム機なども、せどりの定番となっています。

 

古本の場合、古書店で安く仕入れ、Amazon

マーケットプレイスやオークションサイトで

高く売る手法が一般的です。

 

特にAmazonマーケットプレイスでは、FBA

(フルフイルメントbyAmazon) というシステムを

利用すれば、売りたい商品をAmazonに送付する

だけで、商品の保管·発送·入金などの作業を代行

してくれます。

 

もちろん手数料が発生しますが、場所や時間の

制約が多いせどりにとっては、メリットの方が

大きいといえるでしょう。

 

かつては、仕入れにも販売にもプロの目利きが

必要で素人ではなかなか利益を出すことも難し

かったせどりですが、近年はスマートフォンで

バーコードを読み取れば、ネット上の相場を

確認できるツールなどが登場して、参入障壁も

低くなりました。

 

ただしその分、ライバルが多い状況になっています。

利益は通常1冊あたり数十~数百円ですので、収入

を増やすには、まとまった冊数を仕入れ、販売する

必要があります。そのため、全国チェーンの古書店

など複数店を巡って仕入れを行うことも普通で、

時間と手間がかかることを想定しておきましょう。

 

お金と時間に満ちたkjの月収10万円無料メール講座はこちら

コメントを残す