ネットショップをはじめるには?会社員が副業で10万円を目指す場合

どうも、kjです。

今回はネットショップ運営について解説します。

『一定の利益率確保と集客活動が肝』ネットショップには、無料もしくは低価格で使える

ショップシステムを利用するものと、”Yahoo!ショッ

ピングや「楽天市場」といったWebのショッピング

モールに出店するものとがあります。

 

いずれにしてもお客様がいないと売上は上がりません

ので、検索エンジン対策やWeb広告もしくはブログ

やSNSを使った集客行動も併せて必要になります。

 

ネットショップで取り扱う商品には、「自作の商品」

と、「仕入れる商品」とがあります。

 

自作のものであれば、手作り雑貨や既製品をアレンジ

したものなど、趣味の延長から始めることもできます。

また、ハンドメイド専門のショッピングモールもあり

ますので、ショップ構築のハードルは低いでしょう。

 

商品を仕入れる場合は、他店でも同じ商品を取り扱わ

れる可能性が高く価格競争に陥りがちですので、

できるだけ低価格で仕入れられるルートを探してくだ

さい。

 

卸売業者によっては、個人でも仕入れさせてくれる

ところがありますので、問い合わせてみましょう。

また、いずれのタイプの商品を取り扱うにしても

ネットショップの場合は利益率が6~7割確保でき

なければ成り立たないともいわれています。

 

1つの取引だけでも商品撮影・説明文作成・

アップロード·在庫管理・注文確認・入金確認・

梱包・発送・アフターフォローメールといった

多くの手間がかかるからです。

 

忘れてはいけないのが「特定商取引法に基づく表示」

の義務です。

 

ネットショップでの商売は特定商取引(通信販売) に

あたるため、特定商取引法に基づく表示をサイト内に

掲示しなければなりません。名前・住所・電話番号

などを記載する必要があり、ここから知られたくない

人に副業をしていることが知られてしまう可能性も

ありますので気をつけましょう。

 

こっそり副業で10万円を達成するkjの無料メール講座はこちら

コメントを残す