30代会社員が仮想通貨リップルに投資してみた~2017年11月から2018年5月まで~

どうも kjです。

今回は、自立した自由な暮らしをもとめて仮想通貨への投資のススメです。

みなさんは仮想通貨をご存知でしょうか。

まずは僕の仮想通貨投資の歴史をご覧ください。

一攫千金!?仮想通貨市場

仮想通貨市場は、ざっくりいうと2017年年末に暴騰し2018年1月にコインチェック事件※1を契機に暴落しました。

そんな私は、2017年11月にタイミングよく仮想通貨投資をはじめ、12月に一気に資産が3倍になりました。
ちょうどビットコインはじめアルトコイン(ビットコイン以外のコイン)暴騰の時期に仮想通貨に参入したからです。

リップル推し!リップラーに俺はなる

なかでも私は、あの与沢翼氏も推しのリップルにかけています。
すでに気分はリップラー!

1リップル=110円ぐらいのときに購入し、2017年12月には1リップル=330円までいったのでそれはもう増えて増えました。
チャートも勢いがとどまることをしらない右肩上がりで、私をはじめ誰も暴落は予想できなかったのではないでしょうか。

利確することもなく持ち続けた私は、2018年1月のコインチェック事件にまきこまれ大損害をこうむりました。
まずは、リップル(とファクトムという通貨ももっていた)がコインチェック取引所からひきだせなくなりました。
いわば自分の資産が人質にとられた状態です。
このままコインチェック株式会社が倒産し預けておいた資産がすべて消失するということが起こりそうな状況でした。

CC事件後の仮想通貨市場

その後、金融庁の立ち入りが入り金融庁とコインチェックは2人3脚でこの窮地を脱し、2018年5月現在、
コインチェック株式会社はマネックスに買収されることが決まりました。
6月の金融庁への通貨取扱事業登録へのステップの途中であり事態は収束へと向かっています。

2018年5月11日現在、仮想通貨市場は冷え込んでいます。ビットコインは100万円付近をうろうろ、
リップルは80万円付近をいったりきたりという状況です。
しかしREP(※リップルXRPではありません。)コインはバイナンス取引所に上場が決まり一時は
5,000円台から8,000円台と1日に倍近く高騰した日でもありました。

仮想通貨の終わりと始まりの間で~冷静と情熱の間で~

このREP(Augur)の高騰をみても分かる通り、仮想通貨市場はまだおわっていません!

かくいう私は全資産の50%超えを仮想通貨、とりわけリップル市場に投入しています。

AI分析などから2018年6月に暴騰するといわれている仮想通貨市場、はたして今後はいかに!?

※1 コインチェック(CC)事件
2018年1月26日コインチェック取引所において、XEM(ネム)というアルトコインがハッカーにより盗まれる。
被害額は約580億円。コインチェックは一時すべての通貨の取引を停止。

コメントを残す