指導理念

いきなりですが、独り言だと思って聞いてください。

 

インターネット起業で独立する前に、
サラリーマン生活で転職を繰り返し思ったことは、

 

「労働者として働く人生では決してお金持ちにはなれない」

 

ということ。

 

自己紹介(kjのプロフィール)でも書いているけど

「このままでは5年後も10年後も変わらない

抜け出せない」

 

このように思えたからこそ、
変わることができました。

 

もちろん苦しいこともたくさんありました。

 

人生なので。

 

ただ、辛い時にもう一踏ん張りできるかどうかが

分かれ目となります。

 

 

大事なことなのでもう一度言います。

 

辛い時にもう一踏ん張りできるかどうかです。

 

どんなビジネスでもそうですが

ネットビジネスは特にその傾向があります。

 

 

 

 

現在、独立して改めて感じたことは、

当然のことながら、雇われは雇われとしての

意識しか持ち合わすことができないということ。

 

超エリート会社員でもない限り

月収100万円とか

目指さない

でもこれは当然のこと。

 

僕が今自分のビジネスに対して

従業員を本格的に雇うとしたら、

 

その従業員にはしっかりお金は払うから、

与えられた仕事だけをキッチリやって

くれれば良いと思ってしまう。

 

こう思うのは僕も人間なので同じ。

 

これを思うとやはり、

【雇われる者】と【社長】は完全に別の種類の人間

だと言える。

 

多くの雇われる者がこの資本主義の世の中を

回しているというのは事実なのですが

 

そして雇われる者のおかげで

そうでない者が存在しているのですが

 

 

僕のコンサル生は

社長(=自立した自由人)になること

GOALです。

(すでに、社長で売上アップのために

コンサルを受講いただいている方もいます。)

 

僕はアフィリエイト、WEBマーケティング

などのコンサル指導を行っているけど、

自分が苦労したことは絶対にコンサル生

にはさせないように、

 

それに関するすべての情報を与え、

一部のコンサル生限定ではあるけど

通話で直接話して細かい部分まで

教えています。

 

本来であれば、

 

  • 自分で気づくまでしっかりやれよ!
  • 僕だってここまで来るのに全部自分でやったんだから
  • ビジネスを甘くみるなよ!

 

などの感情が芽生えてくるはず。

 

最近のネットビジネスのコンサルタント事情

で納得がいかないのが、高額なコンサル料金

を貰っているにも関わらず、怠慢指導となっ

ているケースが多いように感じる。

 

ハッキリ言ってこれもクソです。

 

大体ネットビジネスのコンサルタントは、

 

「月収○○○万円以上稼いでいて、
自由な生活を送っています!」

 

と謳っている。

 

見ての通り、僕もその内の一人。

 

ここからが違うのですが

 

稼げた分、旅行三昧になり本人がコンサルを

してくれない

従業員がコンサルをする

 

僕は、

スキルアップしてくださいよ

第一人者本人にコンサルしてもらいたい

と思うわけです。

 

自由に稼いでいるのであれば、自分を
信じてくれて飛び込んできてくれた人を
何が何でも稼がせるように対応するのが
当然ではないのかと心底思う。

 

 

自由な時間だらけであればもっと徹底的な
サポートが出来てもおかしくないですよね?

 

 

自由な時間があるのであれば

自分をスキルアップするために

時間を投資する。

 

それが趣味といえるレベルを

目指す、こっそりね笑

(もちろん適度なリフレッシュは絶対必要)

 

 

そのために

指導者としてダメな流れは僕ですべて止める

 

よかったらついてきてください。

 

kj  

僕が90日間かけて作った初心者向けネットビジネスの教科書の無料ダウンロードは下記画像をクリック!